【メルマガ会員登録キャンペーン】次回使える1,000円OFFクーポン配布中!

【特価】ピーチパインが今だけお買い得♪


【キャンペーン】ご贈答用パイナップルご購入で+ご自宅用(2kg)プレゼント!

人気の「スナックパイン」と「ピーチパイン」の食べ比べセットです。はじめて当店のパインをお召し上がりになるお客様にもお勧め。あなたのお気に入りはどちらのパイナップル?
商品のご購入はこちら
スナックパイン ピーチパイン ジュリオスター サマーゴールド サンドルチェ ゴールドバレル
国産と海外産パイナップルの大きな違いは「流通量」「熟成度」「収穫時期」の3つです。価格に関しても海外産はスーパーなどで500円前後でご購入いただけますが、国産は1kg1,500円〜2,000円。品種によっては1kg3,000円以上の価格が付くものもあります。また、国産のパイナップルは種類が豊富にございます。当園では「スナックパイン」「ピーチパイン」「サマーゴールド」「ゴールドバレル」「ジュリオスター」「サンドルチェ」の6種類のパイナップルを栽培しています。それぞれ、見た目や味にも特徴があり、果肉部分が多く食べ応えのあるものから、甘みが強いもの、手でちぎって食べられるものまで様々です。ぜひ、国産パイナップルを一度お召し上がりください。
パイナップルをスーパーで見かけたことが一度はあるのではないでしょうか?そのほとんどが海外産のパイナップルです。国産 は流通しているパイナップルの約1%と大変少ない割合です。
さらに、国産のなかでも沖縄産パイナップルのシェアは約99%で、日本では沖縄でしか栽培されていないフルーツと言えます。
多くの果物は収穫してからも熟成が進んでいく「追熟」をします。しかしパイナップルは「追熟しない」という特徴をもっています。そのため、どうしても輸送時間の長くなってしまう海外産よりも国産パイナップルのほうが熟成度が高くなります。
味についても、熟成しているパイナップルは缶詰のパイナップルのように甘く、酸味がそこまで感じられません。
海外産は年中スーパーで見かけることができますが、沖縄県産パインは品種によって異なりますが5〜8月頃と収穫時期も短く市場にほぼ出回りません。中には、植え付けから収穫まで約2年かかる品種もあり、手間がかかる分、高値で取引されているものが多くございます。
美味しいパイナップルを食べるためには、やはり国産が一番です!国産パイナップルのシェアは温かい気候にも恵まれている沖縄県が多く、食べるとやみつきになる味だと言われ、ファンも多いのが特徴です。
生産農場の西表島パイランドファームとは西表島の南東側に広がる農場です。東京ドーム15個分の面積があり、パインやマンゴー等のトロピカル フルーツ栽培が行われています。農場内には小さな加工所があり、採れたての果実を使った加工品・ドリンクやお菓子なども作っています。美味しいフルーツを収穫するために、毎日試行錯誤の連続ですがお客様の元へ自信をもってお届けするため、スタッフ一同協力して作業を行っています。大切に育てたパイナッルを、ぜひご賞味ください。
スナックパイン ピーチパイン ジュリオスター サマーゴールド サンドルチェ ゴールドバレル